塗料の選び方

塗料の種類とは

外壁塗装をする際に職人の技術と同じに大切なのが塗料選びです。
選ぶ塗料によって外壁や屋根の寿命が決まります。

各塗料メーカーから数多くの塗料が販売されています。
例えば シリコン樹脂塗料の○○シリコン(製品名)というように、塗料の種類から各塗料メーカーがだしているオリジナル製品があります。また、リフォーム会社がオリジナルでだしている塗料がありますが、これは既製品のラベルを張り替えただけのOEM商品です。中身は既製品ですが、高額になっていることがほとんどです。

では塗料の種類をわかりやすく図でご説明致します。
graph01

これが塗料の成分をランク付けしたものであり、この種類ごとに各メーカーからオリジナル商品が開発・販売されています。そして、この種類ごとに価格や耐久性が変わってきます。

現在、アクリル樹脂塗料とウレタン樹脂塗料は、住宅の外壁や屋根などの外部に塗装することはお勧めしません。
価格は安いものばかりですが、耐久性が極めて低く、結果長期的に塗替えのライフサイクルコストを考えた時に割高となってしまいます。

外壁や屋根、またそれに付随する付帯部などの外部塗装には、シリコン樹脂塗料もしくはそれ以上の塗料を塗装業者に使用してもらうことをオススメします。

では何がオススメの塗料なの?

千葉県・職人センターではシリコン樹脂塗料、またはそれ以上の塗料を厳選させていただいております。

また、最新の塗料に関しましては、実際の経年劣化をデータで確認し安全と判断したものしかご提供していません。

「最新で期待できる塗料です」と勧めてくる塗装業者さんもいらっしゃいますが、過去には経年劣化の実験データを待たずに製品化・販売し、お客様の住宅に不具合が起きるといった事例も実際確認されています。

千葉県・職人センターは実験データをもとに安全性の高い信頼性と実績ある塗料のみを厳選し、ご提供させていただいております。

千葉県・職人センターのオススメ塗料

シリコン塗料

千葉県・職人センターがコストと性能の両方から更に信頼できる塗料をご紹介

シリコン樹脂塗料とフッ素樹脂塗料の中間に位置し、コストパフォーマンスに優れた高性能・高耐久塗料です。

これまでご紹介した塗料はどれも自信をもってオススメできるものばかりですが、職人の技術や知識によって、耐久性や性能に大きく差がでてしまう事実があります。

千葉県・職人センターは自社一貫施工です。職人の技術管理、技術向上の促進、徹底した打ち合わせを日々怠らず塗料の性能・耐久性を最大限引き出すべく、努力し続けています。ぜひご相談下さい。

    • 外壁や屋根塗装の必要性
    • 塗替えのサイン
    • 塗替え時期
    • 塗料の選び方

 

HOME(千葉県どこでも行きます。塗装のことなら自社一貫施工の職人センターへ)