2回目以降のお客様

2回目以降のお客様

外壁塗装で失敗する一番の原因は塗装業者選び

first_img01千葉県・職人センターホームページをご覧頂きありがとうございます。

当社は外壁塗装を専門に自社直営施工でより高い品質を低価格でご提供させていただいております。

以前、外壁塗装工事をされた方で「満足な工事だった!」という方は良かったと思いますが、「不満の残る工事だった…」という方も少なくないはずです。

近年、外壁塗装は年間約一万件のクレームが発生している事例があり、住宅塗装業界はクレーム産業とも言われております。

これはお客様や外壁塗装営業マンの知識や認識不足、施工業者本位の外壁塗装工事に対する考え方やお客様及び近隣の方々への対応の仕方、工事内容(施工箇所)の相違など契約上のトラブルなどが本来起こるはずのないトラブルが起きてしまうということに他なりません。

それはなぜか?外壁塗装には様々な知識と経験、ご協力と配慮が不可欠であり、それらを怠ったがため「イメージと違う!」「塗装後にすぐ剥れた!」「ここは塗ってくれないの?」

「近隣の方と気まずくなった…」等の不満やトラブルにつながるのです。

つまり、そういったことを踏まえて外壁塗装業者を選んでいかなければなりません。

外壁塗装工事で失敗する一番の原因は塗装業者選びの「基準」をお客様がわからなかったことにあります。

実際にお客様から寄せられた塗装工事でよくあるトラブル

外壁塗装工事で起こる問題の原因は、知識不足や配慮不足による塗装業者側に問題があります。

そして、その塗装工事業者を選ばれたお客様の認識不足にあるといえます。

少々失礼な言い方をしてしまいましたが、お客様には正しい認識で塗装工事を知ってもらい塗装業者を選定する基準を持っていただくことが外壁塗装成功に繋がると私達は思っております

では、実際に寄せられた工事トラブルをご説明します。

①実際に施工をしたのは下請け塗装業者だった!

second_gust_img01「実際に施工をしたのは下請け塗装業者だった」と、言ってもそのシステム自体には、それほど問題があるわけではありません。

実際、大手ハウスメーカーさんやゼネコンさん等が工事を行う際は、まず下請け塗装業者に施工を依頼します。

工事完了検査も施工した職人だけでなく第三者(元請)の人の目で検査ができるというメリットもあります。

では、なぜこういったトラブルが起きるのでしょうか?
それは下請け塗装業者に依頼する上でデメリット(リスク)の部分だけが露呈されがちだからです。

デメリットの部分とは一体なんでしょう

  • ・施工内容が下請け塗装業者の職人さんにしっかり伝わっていなかった
  • ・下請け塗装業者の職人さん自体の塗装技術に問題があった
  • ・複数の会社が介入する為、工事金額が高額になりやすい
  • ・元請け会社と下請け会社がお互いに自社の方針を通そうとする傾向がある

このようにメリットやデメリットをお客様が知ることで「実際工事をしたのは下請け塗装業者だった」というトラブルを最小限に抑えられます。

下請け塗装業者さんへ仕事を依頼する会社に頼むならメリットを最大限に生かしデメリットの部分を最小限にすることが大切です。

それが不安でしたら自社施工店へ直接塗装工事を依頼するのが良いかと思います。

②外壁塗装 お見積り内容についてのトラブル

second_gust_img07

「お見積り内容についてのトラブル」とは一体どんなトラブルなのでしょうか?

お見積書とは、どんな工事をしてどんな箇所を施工するのかが正確に記載されている
お客様に対する云わば約束の証です。逆を言えばお見積書に記載されていない内容は工事をしないという

線引きとも言えます。そうした事から「言った」「言わない」というトラブルが起こります。
こうした時に塗装業者さんは決まってこう言います。

  • ・お見積書には書いていない
  • ・契約内容には含まれていない
  • ・追加工事になります

では、このようなトラブルを未然に回避するにはどうしたら良いのでしょうか?

このようなトラブルを未然に回避する為には最初のお見積り提出の時に、その塗装業者さんが良い工事店なのかを見極めることが大切です。

estimate

③塗装工事代金の前払いについてのトラブル

second_gust_img02次に「工事代金の前払いについでのトラブル」ついてです。

「着手金1/3」「中間金1/3」「完了時1/3」や「着手金1/2」「完了時1/2」などと言うことを聞きますが、それらは本当に必要なことなのでしょうか?

代金を先に払ってしまうと下記のようなリスクやトラブルの原因になります。

  • ・工事着手金は払ったが中々、工事をしてもらえない
  • ・材料代と称し着手金を払ったが塗装業者と連絡がつかなくなった
  • ・塗装工事完了前に全額支払いし、その後施工箇所を指摘したがなかなか来てくれない

このようなトラブルを防ぐ為にはどうしたら良いのでしょうか?

千葉県・職人センターでは着手金は一切、頂いておりません。

上記のようなトラブルは「もうお金を払ってしまっている」という不安からくるものですから、工事完了後、その仕上がりをご確認していただき、ご納得していただいた上で代金をお支払頂いた方が私達、お客様にとっても気持ちの良いものと考えております。

④外壁・屋根 色選びの失敗についてのトラブル

second_gust_img03塗装工事前に何度、打合せをしても起こりがちなトラブル!それが「色選びの失敗についてのトラブル」です。

どの塗装業者さんも、ほとんどがお客様のご指定頂いた見本帳の色番号等で材料を発注しているはずなのに・・・

では、なぜこのようなトラブルが起こってしまうのでしょうか?

そもそも塗装工事の色決めの打合せを行う時に用いられる色見本帳とはA3サイズの二つ折りなったものでその製品の特長などが片面に記載されていて、もう片面に標準色として30色程度、記載されています。

各色のサイズは2cm×3cm程度のもので、いざ塗装すると「イメージよりも濃い!」
「思ってたイメージと違う!」等のトラブルに繋がります。それは何故か?「何度も打合せしたはずなのに・・・」

(1)色の見え方による誤認!

second_gust_img04色というものは見本が小さければ濃く見え大きければ薄く見える特性があります。厳密に言えば人の視覚の特性によるものです。

色の誤認を防ぐ為にはA4サイズより大きめな色見本帳もございますので、そちらで確認するとよりイメージがしやすくなります。

(2)塗装工事完了後のイメージの誤認!

塗装工事前にじっくり考え、塗装工事完了後のイメージをしてもなかなかイメージ通りにはならないものです。また、お客様にお決め頂いた色番号で発注させて頂く以上、塗り直しも再度費用が必要になります。

「せっかく10年に一度の塗替えなのに・・・」

このような事態にならないためにも塗装工事前には、はっきりとしたイメージが必要になります。
塗装工事前にカラーシミュレーションで塗装後のイメージができていれば、このような事態は防げます。

⑤塗料選びによる失敗例!

本来、外壁・屋根塗装には目的や環境に合った塗料選びが重要です。

ここでは「塗料選びによる失敗例!」についてお話ししますが、この失敗はお客様自身では最も防ぎづらい失敗の1つです。なぜなら住宅塗料というものは塗装工事業者が選定・提案してくるものだからです。

そして、この失敗は「失敗したなー!」とも思わない、気づけない失敗なんです。

この失敗に気づける方は以前に外壁塗装工事をしたことのある「2回目以降のお客様」だけだからです。それは何故か?以前、外壁塗装工事をしたことのあるお客様なら「お問合せ~お引き渡し」までの流れを知っているはずだと思います。

その時ことを思い出してみると、塗装工事業者さんに勧められるがままの塗料で外壁塗装工事を行いませんでしたか?それこそが「塗料選びによる失敗」なのです。

現在の住宅用塗料は多種・多様であり、それぞれの目的や環境に合った機能性塗料などがある為、塗料の耐久性のみで判断することは実はありえません!

では、どうすれば「塗料選びによる失敗」をなくすことができるのでしょうか?

それは外壁・屋根塗装工事を行う際に目的を明確に持つことです!

second_gust_img05例えば・・・

  • ・「ひび割れ(クラック)が気になる!」
  • ・「夏・冬に少しでも快適に過ごしたい!」
  • ・「外壁のコケがいつも気になる!」
  • ・「なるべく長持ちしてほしい!」

・・・など明確な目的を伝える。

このように目的を明確にすることで住宅塗装工事の方向性施工内容が決まっていきます。

明確に伝えれば、正しい知識と技術を持った塗装工事業者さんなら、目的・環境に合った塗料の選定をしてくれるはずです。尚、お客様自身も事前に目的に合った塗料を調べておくと、より良いのではないでしょうか!

⑥近隣の方々とのトラブル!

second_gust_img06外壁塗装工事を行う際にお客様自身が最も気を遣うのが「ご近隣の方々とのトラブル!」ではないでしょうか?お客様が塗装工事期間中、快適に過ごして頂くために必要なのが、近隣の方々のご理解とご協力です。

その為には、塗装工事業者側の着工前の説明と配慮がとても大切になります。

これを怠ったがために施主様と近隣住民さんとの関係が悪化するなどのケースも寄せられます!

職人センターでは、ご近隣の方々へ塗装工事着工前にご挨拶にお伺いさせていただきます。塗装工事に関するご説明を十分にさせていただいた上で、ご理解とご協力をいただきましたら塗装工事着工となります。

また、工事期間中や工事完了後も、近隣の方々への配慮は怠りません。

近隣住民様のご理解とご協力が合って、初めて良い塗装工事ができるものと考えております。

2回目以降のお客様へ

これまでも外壁塗装工事とはとても不透明な部分が多くそれが見えづらいのが現状です。

この不透明さを少しでもなくせるよう【不透明さゼロ!】を目標に掲げ「高品質・自社施工」「適正価格」「安心保障」をご提供致しております。

1人でも多くのお客様に「ありがとう!」と言って頂けるよう住まいを彩るお手伝いを私達「千葉県・職人センター」にお任せください。

お客様に本物の住宅塗装工事を知ってほしい

大切な住まいと家族の思い出の場所が色あせる事なく残せるように全力で私達がサポートさせて頂きます。

    • 外壁や屋根塗装の必要性
    • 塗替えのサイン
    • 塗替え時期
    • 塗料の選び方

 

HOME(千葉県どこでも行きます。塗装のことなら自社一貫施工の職人センターへ)