新着情報

外壁吹き付け工法

千葉県の成田市・印西市・印旛郡を中心に外壁塗装に特化した「千葉県・職人センター」です

【千葉県・茨城県全域対応】【お見積り無料】お気軽にご相談下さい!

 

こんにちは職人センターです!

今日は吹き付け工法についてお話ししたいと思います。

 

 

 

外壁塗装の吹き付け工法とは

外壁塗装工事の最終工程として、仕上げの塗装を必ず行ないます。この仕上げ方法の1つが「吹き付け」です。ちなみにもう1つは「手塗り」で、「ローラー塗装」と表現する場合もあります。

外壁に施す模様・塗装に必要な塗料の量・その他現場環境などに合わせて、業者が2つ工法のうちどちらかを選択します。

 

 

 専用の道具「スプレーガン」

吹き付け作業は、塗料を霧状にして外壁に吹き付ける方法で「スプレーガン」と呼ばれる道具を用います。専用の容器に入れた塗料を外壁に噴出させることで、外壁に塗布していきます。
吹き付ける材料(塗料)によってそれぞれ専用のスプレーガンが存在し、また噴出方法によって、「エアスプレーガン」「エアレススプレーガン」にも種別できます。
「エアスプレー」は圧縮した空気を使って塗料を微粒子化して噴射させます。塗料の供給方法でさらに3種類に分かれ、それぞれ重力式エアスプレーガン・吸上式エアスプレーガン・圧送式エアスプレーガンがあります。また、「エアレススプレーガン」は塗料自体に圧力をかけて噴射させるものです。近年では、「エアレススプレーガン」が主流とされています。

 

 

外壁吹き付け工法によるメリット,

 

 

複雑な模様・重厚感ある雰囲気・凹凸のある立体感など多用な仕上がりを出せることです。これは吹き付け工法の最大のメリットで、このような仕上がりを出したい方にはおすすめの工法です。
そして、塗膜の品質を均一にでき、より多くの膜厚をつけやすい工法でもあるので、仕上がりがきれいになることもメリットと言えるでしょう(※ただし、職人に高い技術力が求められるので、腕の良い職人が施工した場合は、と認識しておいたほうが良いでしょう)。
2つ目は、補修跡が分かりづらくまた仕上がりの特徴である「重厚感」が長く保てる点です。特にタイル吹き押さえ仕上げにおいて、このメリットが発揮されます。

 

 

外壁吹き付け工法によるデメリット,

 

 

デメリットは、塗料の無駄がたいへん多いということです。特に「エアスプレーガン」での塗料の無駄が顕著な傾向にあります。スプレーガンから噴射される塗料は飛び散りが多く、ロスが発生します。ですので、実際の塗装ではそのロスを見込んで、膜厚を確保できるように塗布しているのです。
2つ目のデメリットは、養生に手間と時間を要することです。噴射時における塗料の飛び散り対策として養生をするのですが、手塗り工法の養生に比べてよりしっかりと、周辺の植木や建具などにも養生を施す必要があります。

 

 

 

どちらを選ぶにしても「基準塗布量」が絶対順守です!

 

これは塗料メーカーが指定しているもので、塗料それぞれの性能を発揮させる目的で定められた基準です。

 

基準に満たない塗布量で施工してしまうと、良い塗装工事が期待できません!

 

 

栄町住宅リフォーム補助金 随時受付中!!

5/9~11/24まで!

お申込はこちら→0476-85-7941

千葉県の成田市・印西市・印旛郡・龍ヶ崎市・牛久市また、その周辺で外壁塗装・リフォームでお悩みの方は、当社に何なりとご相談下さい!

千葉県住宅外壁塗装専門 職人センター ・ 千葉県総合住宅リフォーム専門ホームアシスト

お見積り無料・最大10年保証・自社施工直営店  営業所:千葉県印旛郡栄町安食1-5-11

 

 

 

 

HOME(千葉県どこでも行きます。塗装のことなら自社一貫施工の職人センターへ)