新着情報

屋根塗装で必要なこと 千葉県成田市 外壁・屋根塗装

屋根塗装で必要な下地処理ご存じですか?

屋根塗装では、下地処理が大切とはどの業者さんも言うことですが

実際に何が必要かまでは、お客様ではわからないことかと思います

お見積り書や施工プランを見ただけでは、下地処理がなんなのか判断できないでしょう

使用塗料や塗り回数だけ確認しても、今や当たり前な内容しか知っていることに

なりません!

ということで、今回は少しですが下地処理についてお見積時の参考になればと

思います(^O^)

 

屋根塗装で必要なこと

・タスペーサー

 

毛細管現象により、雨水の侵入を防ぎます(コロニアルの重なりにある隙間から水が入る)

まだ、タスペーサーを使用していない塗装業者さんは多く見かけます

 

タスペーサーを装着していない屋根を縁切りすると、中から確実に水がでてきます

縁切り写真

 

・棟板金シーリング処理

コロニアル屋根の棟に板金があり、板金を釘で止めています

塗替え時、確実に釘は抜けかけていますが、釘をたたいて打ち込み直しても

すぐに抜けていきます、これだけではダメなんです!

 

釘が抜けている写真           釘が役目を果たせず板金が浮いています

 

千葉・職人センターでは釘を打ち込み直すだけではなく、シール処理をして

更に対策をします!

これで、釘を打っただけのものより、確実に良くなります

これを行っていない業者さんは沢山いらっしゃるかと思います

 

・新規で屋根の塗装をする場合、状態によっては下塗りが二回必要

屋根の剝れの原因は、下塗りが不十分が原因です!

塗装した屋根を見れば、僕たちは下塗りにどの程度手間がかかっているか

すぐにわかります(^_^;)

新規の屋根に下塗りを塗ると屋根材の中に吸い込んでしまい、塗膜が形成されていないことが

あります。大げさではありますが、下塗り(簡単にいうと接着剤)しないで、屋根材の上に

そのまま上塗り塗料を塗っているようなものです

必要であれば下塗りを二回塗る判断が必要になります!

勿論、無駄に行う理由もありませんが。。お金は掛ることなので(^_^;)

 

長くなりましたが、屋根塗装工事を行う上で必要な下地処理の

一部をご紹介させていただきました(^^)

 

千葉県成田市の塗装工事ですが今日は屋根下地処理、下塗りを施工しました!

 

 

 

ちなみに使用した塗料はサーモアイSIの下塗りです!

遮熱塗料になります!

 

 

明日も頑張りまーす!

ではでは””

千葉県の成田市・印西市・印旛郡・龍ヶ崎市・牛久市また、その周辺で外壁塗装・リフォームでお悩みの方は、当社に何なりとご相談下さい!

千葉県住宅外壁塗装専門 職人センター ・ 千葉県総合住宅リフォーム専門ホームアシスト

お見積り無料・最大10年保証・自社施工直営店  営業所:千葉県印旛郡栄町安食1-5-11

℡0476-85-7941 

 

 

 

 

 

 

HOME(千葉県どこでも行きます。塗装のことなら自社一貫施工の職人センターへ)