新着情報

知っておきたい塗料の基礎知識

千葉県の成田市・印西市・印旛郡を中心に外壁塗装に特化した「千葉県・職人センター」です

【千葉県・茨城県全域対応】【お見積り無料】お気軽にご相談下さい!

 

こんにちは職人センターです!

 

今日は塗料の基礎知識について少しお話ししたいと思います!

塗料や塗装工事の内容を理解して頂く為には、塗料の基礎知識が必要になってきます

 

塗膜の成分によって塗料の種類、性能、価格、施工上の注意点等が大きく異なってきます。

 

塗料の構成

 

塗料は塗装工程を経て乾燥、硬化し“塗膜”となります。
塗料の成分は、乾いて残る塗膜成分と塗料が乾き硬くなった後に揮発する揮発成分に分けられます。

img_collumn01

3つの塗膜成分、、、これが塗料の種類、性能、価格を左右します

 

合成樹脂

塗料の性能を決める最も大切な部分です。顔料を分散させ、被塗物に付着し、塗膜を形成します。
塗膜は建物を保護する機能があります。

 

 

顔料

主に塗膜の色彩等を決めるものですが、機能を持たせるものもあります。

  • 着色顔料・・様々な色をつける
  • 体質顔料・・塗膜の肉もち感を上げる
  • 防錆顔料・・サビを防ぐ

 

添加剤

塗料が均一な塗膜となる役割や塗膜に特別な機能(防藻、防カビ、低汚染、抗菌等)を持たせる等の目的で添加されます。

※塗膜成分中の合成樹脂や添加剤の違いが塗料の機能を大きく分けていきます。

揮発成分・・塗料を塗るためのものです。塗料の性質に合わせて使い分けます。

 

有機溶剤

溶剤系塗料に使われます。有機溶剤の種類により乾燥までの時間と、溶解が大きく異なります。

塗った直後は独特の臭いを発しますが、以前に比べ改善されました。

 

水性系塗料に使われます。全て水のものもあれば、有機溶剤が含まれているものもあります。

 

 

溶剤系と水性系塗料、どちらを使用すればいいのか?

 

環境や人体の影響を考えれば、水性系塗料なのかもしれません。

しかし、溶剤系塗料も改善が進んできています。環境に配慮し、臭いも長く残るようなことはありません。

 

この先、水性系塗料が、溶剤系塗料の全てにおいて優れた塗料がでるかもしれないですね!

 

 

千葉県の成田市・印西市・印旛郡・龍ヶ崎市・牛久市また、その周辺で外壁塗装・リフォームでお悩みの方は、当社に何なりとご相談下さい!

千葉県住宅外壁塗装専門 職人センター ・ 千葉県総合住宅リフォーム専門ホームアシスト

お見積り無料・最大10年保証・自社施工直営店  営業所:千葉県印旛郡栄町安食1-5-11

 

 

HOME(千葉県どこでも行きます。塗装のことなら自社一貫施工の職人センターへ)